hideaki yamasaki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢がある限り人生に定年はない! 生涯現役76歳のチャレンジ!

=人生後半でも夢をもち挑戦することの楽しさと素晴らしさを描いていきます=

f:id:hyamasaki:20160603203232g:plain

山の日

うかつにも今日が「山の日」とは今朝まで知らなかった

そもそも休日という意識がまったくなかったんだから・・・

 

あこがれの人、冒険家の三浦雄一郎さんから山の日のメッセージが

きたので紹介したい(以下はSントリー社のメルマガより)

 

健康のためにウォーキングや山登りをする中高年の方が増えてきたが

中には歩みを楽しめてない人もいる。

僕自身「エベレストなんてよく登れますね?」と質問されるが

あんな過酷なこと楽しくなければ誰もやらない(笑)。

 

今日はしんどいなあって思う日は、無理して頑張らなくていいんです。

のんびり歩けば、そのぶん景色も楽しめる。

歩くことは健康の原点。

ゆっくりと歩みを楽しんでほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

三浦雄一郎さんは、日野原重明先生とならんでランさんが

あこがれ続けている人だからあえて転載した

f:id:hyamasaki:20160529180447j:plain

 

三浦さんの著書の中にこんな問いかけがある

「あなたのエベレストは、どこにありますか」

それぞれのエベレストを探してください。

 

f:id:hyamasaki:20160811203109j:plain

三浦さん流にいえば、オリンピックは、それぞれのエベレストを

めざすイベントなんだな

 

ランさんのエベレストは、東海道を歩いて東京日本橋なんだ

登頂日(到着日)も2020年4月13日

80歳の誕生日と決めている

4年後の東京オリンピックの年だ

それまで生きて歩き続けないと行けない

 

これを相棒と老々混合ダブルスで歩くのだから簡単ではない

あの箱根峠越えは老婆には死に行くようなもの

ラン爺とて果たして越えられるかどうか

69歳の時に歩いているから容易でないことはわかっている

 

お互いが元気に歩けることが必須条件だからきびしい

それでもそれを上回る楽しさがあるから歩いている

 

その相棒は朝早くから友達と伊吹山へバスツアーにでかけた

バスで涼しい伊吹山といえども行くのだから元気な証拠でありがたい

これなら当分はボケたりはしないだろう

テレビでオリンピック観戦ばかりしていては相棒に恥ずかしい

 

一番暑い昼過ぎに、せめて、一駅ウォーキング、それもリュックに重めに

本を入れて負荷をかけて速足ウォーキング・・・

このコースにはおいしいちゃんぽんを食べさせてくれる店があるが

今日は「もつちゃんぽん」でスタミナつけよう

f:id:hyamasaki:20160811200931j:plain

豊中から吹田へ 内村選手の所属するコナミスポーツの前を通って

f:id:hyamasaki:20160811201013j:plain

大好きなちゃんぽん食べて

f:id:hyamasaki:20160811201031j:plain

 

フェイスブックでつながっているウォーキング、ランニングの仲間たちは

連日、この暑さの中でもウォーキングやランニングを続けている

とくに高齢者といわれる人たちの活動には頭が下がる

その投稿を読むのが楽しみ、とくに写真を見ると刺激になる

6月に転勤で東京に行ったスロージョグ仲間のWさんが

すっかり皇居一周ランナーになって見事にダイエットした写真を見て

ほんとうに驚いた!

 

怠けている自分が恥ずかしい

でも、ちゃんとナイトウォーキングはやっている

しっかり汗もかいている

夜の公園はセミから秋の虫の音にすっかり変わっているよ。