hideaki yamasaki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢がある限り人生に定年はない! 生涯現役76歳のチャレンジ!

=人生後半でも夢をもち挑戦することの楽しさと素晴らしさを描いていきます=

スポーツ

f:id:hyamasaki:20161003175456g:plain

 

平尾誠二さん

ラグビー平尾誠二さんが亡くなった
53歳、あまりにも早すぎる
スポーツ界にとっても有能な人を失ってしまった

...

ラグビーワールドカップ2019日本開催が
近づいている時にご本人も悔しかったことと思う

スポーツ経験はないが観戦が大好きな私ランさん
よく観るのは野球だが、次に好きなのがラグビー観戦だ
Jリーグのサッカーも観るがやっぱりラグビーに魅かれる

冬のスポーツだけに最近はもっぱらテレビ観戦だが
以前は生駒降ろしの寒風の中を花園によく観に行った

なぜラグビーが好きか?
最後の一秒で大逆転があるスリルはたまらない
なんといっても監督やコーチがグランドに下りられず
スタンドで試合の展開を見守るだけ
ひとつひとつのプレイに指示はできない
ゲームが始まれば選手(チーム)にすべてをゆだねる
これはビジネス組織の現場にも通ずる事だと思う

平尾さんの「人は誰もがリーダーである」という著書が
多くの本を処分してきたのに書棚に残してある

組織(チーム)を「フットボール型」と「野球型」にわけて
組織として機能していくためには「フットボール型」に
移行することが日本の方向性だと平尾さんは述べている
組織を構成するひとりひとりが状況判断をしチームとして
機能することが自立した強い選手とチームをつくるという

上司の指示を仰ぐ、異質を排除するという日本的組織では
瞬時の適切な判断、プレイはできないということだと思う
平尾誠二さん ありがとうございました
謹んでお悔やみ申し上げます。

f:id:hyamasaki:20161021210433j:plain

 

  にほんブログ村