hideaki yamasaki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢がある限り人生に定年はない! 生涯現役76歳のチャレンジ!

=人生後半でも夢をもち挑戦することの楽しさと素晴らしさを描いていきます=

東海道53次歩き

f:id:hyamasaki:20160912212952g:plain

東海道53次を歩く(宮宿→鳴海宿)

9日~10日の二日間、相棒と東海道53次ウォーキングに行った

お江戸日本橋をめざして今回からいよいよ東海地区の街道を歩く

初日の9日は「宮宿」から「鳴海宿」の有松まで行き一泊して

二日目は有松から「知立宿」までを予定

この歩程は8年8ケ月前に歩いた時と同じで距離的には長くはない

 

9日、青春18きっぷを使って新大阪から米原まで行き

ここからJR東海で大垣乗り換え、名古屋を通過して熱田で下車した

駅から少し歩いたところに熱田神宮があるのでこれから行く東海道

安全祈願をしておきたいと思った

f:id:hyamasaki:20160912211549j:plain

 熱田神宮

f:id:hyamasaki:20160912211618j:plain

こんな塀があった

「信長塀」織田信長桶狭間出陣の際に熱田神宮に願文を奏し大勝したので

そのお礼として奉納した塀で土と石灰を油で練り固め瓦を厚く積み重ねている。

f:id:hyamasaki:20160918145054j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212117j:plain

今日の出発地点、宮宿の七里の渡し跡は8年前と変わっていなかった

かって桑名からここ宮までは海上七里を渡し船で旅人は渡っていた

いまは埋め立てで海岸線ははるか沖合にあるが運河のようになっていて

新幹線も近くをはしっている

f:id:hyamasaki:20160912211719j:plain

f:id:hyamasaki:20160913144455j:plain

12時、ここから名古屋の東海道を東に向けて1歩を踏み出した

あいにく?の快晴、空は高く青くてきれいだがなにしろ暑い

f:id:hyamasaki:20160912211801j:plain

f:id:hyamasaki:20160913144935j:plain

明日も歩くので寄り道は最小にして疲れを持ち越さないようにしょうと

日陰のない道をとことこ・・・幸いに道は覚えていて心配はない

一応、前回作成したHPがあるのでコピーしてそれを地図代わりに

f:id:hyamasaki:20160912213950j:plain

やはり暑さが堪える

少しでも影になるところを探して歩く

人に会うことはない

水分補給を繰り返すのでタオルがかかせない

困るのはトイレ、コンビニが頼りだがなかなかないんだ

f:id:hyamasaki:20160916150106j:plain

暑さしのぎと昼食で喫茶店に入りしばらく休憩して一番暑い時間帯を

もくもくと東へ向かいやっと午後2時半に笠寺観音に着いた

f:id:hyamasaki:20160912211838j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212047j:plain

ご朱印をもらって休憩していると高齢のおじいさんが話しかけてきた

お寺のことについて延々とご高説、こちらは疲れてゆっくりしたいのに

ありがた迷惑、うまく話を遮るようにして横道から街道へ戻った

f:id:hyamasaki:20160912211910j:plain

近くの笠寺一里塚の大木は前回の1月は葉を落として枯れているのかと

思ったくらいだが青々と茂った葉をつけて元気いっぱいだった

f:id:hyamasaki:20160912211943j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212018j:plain

このあたりから腰痛が徐々に気になり始めてスピードダウン

相棒から労られるようになり面目ない!

 

鳴海宿の面影を残すものはほとんど残っていない

宿場の中心、本陣跡も8年前とまったく同じで立て札がたったまま

f:id:hyamasaki:20160915141623j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212315j:plain

こういう時はひとりより連れがいるほうが気分的に安ど感がある

結局この日は最後まで腰の調子・・患ったヘルニアだろうと思った

コンビニを見つけると涼しさと休憩にオアシス代わりに利用した

水分補給もたっぷり、やっぱり暑さは体力を消耗させたね

 

東海道のモニュメント↓

f:id:hyamasaki:20160915171323j:plain

坂道が続く、もう少しやで!と相棒を励ますが、ほんとうはこちらがしんどいんだ。

f:id:hyamasaki:20160915171408j:plain

ようやく鳴海に入り有松に向かうころから日が傾きはじめてやれやれ

有松に入るとそこは建物保存地区で街道の名残のある町並みすばらしい

有松は「絞り」で有名なところ、多くの建物は絞り問屋だったらしい

f:id:hyamasaki:20160912212353j:plain

f:id:hyamasaki:20160915171943j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212427j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212457j:plain

 

f:id:hyamasaki:20160912212519j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212556j:plain

予定通り有松に到着して初日はここで終えた

あすはここから知立まで歩く

今日の宿泊地の名古屋へ名鉄有松から向かう。

f:id:hyamasaki:20160912212636j:plain

f:id:hyamasaki:20160912212658j:plain

名古屋駅から地下鉄で宿泊ホテルへ

ホテルで紹介された魚料理のうまい店で思い切り食べて飲んだ

 

今日は昼食を含めて座ったのは3ケ所だけで結局は歩き通したが

婆さまの相棒がぴんぴんしていたのにはほんとうに驚いた

二日目は距離は長いので安心は禁物、記録は明日に投稿したい。

今日の歩数は → 約28、500歩 

合わせて149歳、よく歩いた。