hideaki yamasaki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢がある限り人生に定年はない! 生涯現役76歳のチャレンジ!

=人生後半でも夢をもち挑戦することの楽しさと素晴らしさを描いていきます=

雑感

f:id:hyamasaki:20161003175456g:plain

 

伊藤若冲

ランさんの文化の日
1年にこの日だけ公開される伊藤若冲の絵を相棒と鑑賞に行った

「鶏の画家」といわれるほど鶏の絵で知られている画家の伊藤若冲
生誕して今年で300年

 

相棒がどうしても見たいと言うので自宅から歩いて40分ほどの
ところにある西福寺へ出かけた
今年は混雑するとは思っていたが住宅街の道路に延々と続く行列を
見たときはほんとうに驚いてしまった
服装などから遠方から来た人も多かったようだ
勇気を奮って11時45分に並んでお寺に入れたのが1時35分頃 

f:id:hyamasaki:20161103191806j:plain

f:id:hyamasaki:20161103191914j:plain

このお寺に所蔵してある若冲の晩年75歳の時にこのお寺で描いたという
代表作「仙人掌群鶏図」がお目当て

元国宝で重要文化財のこの絵がなぜごく普通のお寺に所蔵してあるのか?
若冲が京都で大火に遭いすべてを失い失意のどん底にあった時に
西福寺の檀家で大阪の薬種問屋の吉野五運という人が暖かく向かい入れ
西福寺に滞在していた時に描いたのが「仙人掌群鶏図」なんだそうだ

f:id:hyamasaki:20161103191943j:plain

力強く鮮やかに描かれた鶏のトサカは二重になっているが外国産の鶏とか
本堂の正面に左右両面に三羽ずつが描かれている
過去に記念切手や年賀ハガキの図案にも使用されてきた

f:id:hyamasaki:20161103192012j:plain

f:id:hyamasaki:20161103192033j:plain

狭い本堂内でわずかな時間の見学だったが相棒はしっかり見ていたので
満足してくれたと思う
行きも帰りも快晴の空の下をのんびりウオーキングでいい時間になった

f:id:hyamasaki:20161103192059j:plain

昨年からあちこちで展覧会が開催されたり本や写真集が幾種類も出版される
など一躍若冲はブームのようになっている
いま京都市立美術館でも12月4日まで絵画展が開催されている、

「仙人掌群鶏図」に関心があれば来年11月3日、場所は大阪府豊中市
ただし、行列は覚悟の上で。

  にほんブログ村