hideaki yamasaki
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢がある限り人生に定年はない! 生涯現役76歳のチャレンジ!

=人生後半でも夢をもち挑戦することの楽しさと素晴らしさを描いていきます=

f:id:hyamasaki:20160925181610g:plain

ひとり老後に備えて

夕べ、真田丸を見ていたら救急車のサイレンが聞こえて

うちのマンションのわが家の下に停まった

 

ストレッチャーを押して隊員がマンション内に入っていくのを

相棒はベランダから身を乗り出すようにして見ていた

 

どこの家なんやろう?

 

20分くらいたったころにストレッチャーに乗せられた男性が

救急車へ運び込まれた

女性がつきそっていたがお年寄りの夫婦のようだった

暗くてどこの人かはわからなかった

 

80世帯のうちのマンションも高齢者のすみかのようになった

みかけるのは高齢者ばかりで子供の姿を見ることはない

家内の話では救急車がよく来るらしい

 

以前、ひとり住まいの高齢の男性が亡くなり数日間わからなかった

よくニュースに出てくる孤独死というやつだ

深夜にひとり住まいの高齢者に緊急事態が発生したら大変なことになる

f:id:hyamasaki:20160926205853j:plain

先週、相棒が孫の世話で三日間上京していたとき

夜、誰もいない玄関を入ったときのいいようのないさびしさに戸惑った

相棒がいるだけでも安心、ただそれだけのことなんだ

以前、そんなことを考えたこともなかった

むしろひとりのほうが好き勝手ができて気楽だったのだが

 

ずっと前に兄嫁が言っていたことを思い出す

夫婦は歳を重ねてくるとお互いが大事な存在であることに気がつく

ピンチがあっても辛抱強くしておれば時がきて認め合えるようになるもの

このことば、いまになってみるとよくわかる

自分たちも歳をとってきたということだな

 

しかし、いずれ、だれでも、ひとりになっていく

自立してひとりでも生きていかれる力をつけておくことだ

その第一がまず心身の健康、あとはなんとかなるだろう。