hideaki yamasaki

夢がある限り人生に定年はない! 生涯現役76歳のチャレンジ!

=人生後半でも夢をもち挑戦することの楽しさと素晴らしさを描いていきます=

f:id:hyamasaki:20170310191044g:plain

 

確定申告

28年度の確定申告の書類を提出してきた
複雑な書類を作成する必要がないし慣れているので
締切日まじかに提出するのが当たり前になっている...

わざわざ税務署まで行かなくてもネットで提出できるが
「控え用」に「受付印」をもらわないと気が済まない
昭和49年から欠かさずずっとそうしてきた

今年から書類に「マイナンバーカード」が導入された
他にも本人確認の証明書も必要になった
公平、公正で不正を防止するためにはそれも致し方ない

過去の申告の控えは10年分を保存しているので
28年分が新しく加わり18年分を今日廃棄処分する
内容をみるとその年のことが懐かしく思い出される

申告の時期になると毎年のように思うことがある
自分の現役人生、これでよかったのか?
もし銀行員を続けていたら今頃はどうしていただろう?

自分で選んだ道を後悔はしていないが満足もしていない
ただ、ここまで「現役」は続けていなかったはず
たまに同級生に会うと複雑な気持ちになる

新人研修で将来は「起業」したいという若者の声をよく聞く
否定はしないが学校も社会にあおるような風潮は気になる
ネット社会の誘惑の釣り餌を弱い者ほど食べてしまうから

会社を変わっても簡単にやめるな!と伝えている
人生後半、還暦以降になればその意味が痛いほどわかる
そこまで経験してきた者でないとできない助言こそ大切だ

まもなく77になるというのに
まだ、人生をうろうろしているラン爺のひとりごと
いつまで続くのやら。

f:id:hyamasaki:20170315205100j:plain